忘れられた根管2019.8.26
文献的には90%近く存在すると言われている根管。
ほとんどの再治療で見過ごされています。

また教科書的には赤い☓のところに存在すると書かれていますが、離れた位置に存在することも多くあります。

今回も少し離れた位置に存在していました。
顕微鏡を使用しているだけでは見つけられません。
もちろん、使用しなければもっと見つかりませんが。

やれることはすべてやりましたので、良くなることを願います!


大塚 詠一朗

 夏休み2019.8.21
先週は夏休みを頂戴し、誠にありがとうございます。
私は、涼しいところへ行き、“何もしない”をしてきました。
心も体もリフレッシュしましたので、引き続き根っこの先の病気を治していきたいと思います。

さて、最近では根管治療について多くのお問い合わせをいただき、身も引き締まる思いではありますが、当医院には入れ歯名人も在籍しております。

優しさと話しやすさを兼ね備えたイケメン、通称“金子プロ”です。
私と違い人間味を持っていますので、成功率や細菌だなんてかたっ苦しい話は一切なく気がつくと痛みのない入れ歯が出来上がっております。

どうしても入れ歯が合わないとお困りの方はぜひ一度相談にいらしてみてください!!

大塚 詠一朗

 1年経過症例2019.7.23
病気の範囲が大きいと、嚢胞だから口腔外科に行って手術です。
病気の中に水酸化カルシウムを押し出して治していきます。
病気が大きいので回数がかかります。
病気が大きいので治りません、抜歯です。。。

未だにこんな説明が横行しているようです。
この治療、2回しか行っていません。
根っこの先から如何なるものも押し出していません。
外科処置もしていません。


大塚 詠一朗

 2019.7.16
先週末の勉強会の献立は
・根管洗浄
・根管形成
・根管貼薬剤
・根管充填
となっており、トータル約70本の論文を用いてエビデンスの確認と
アップデートを行ってきました。
エビデンスを学ばずにして歯科治療は出来ません。

土曜日希望の患者さんにはご迷惑をおかけいたしましたが、私の治療を信頼いただいている患者さんにはすべてを還元して行きたいと思います。


今後共よろしくお願いいたします。

大塚 詠一朗


 スーパードクター2019.7.3
先日、帰宅し何気なくテレビをつけると、とあるお医者さんの特集をやっていました。
アメリカで活躍する血管外科医山之内先生の特集でした。

自分の仕事に活かせないかと見ていると、とても共感できることをおっしゃっていました。

山之内先生は手術前、徹底したシュミレーションを行い頭の中で一度手術を終わらせるそうです。ですので実際手術を行うときは、二回目の手術を行う感覚で執刀するとのことです。
また、それを行えない人は手術を行うべきではないと仰っていました。


私も、毎処置前シュミレーションを行っておりますが、実際施術時二回目の感覚とまでは感じられていませんでした。

何気ないテレビの一コマでしたがかなり勉強になりました。
私は命は救えませんし、スーパードクターでもありませんが、根の病気を治すことは出来ます。
さらに精進いたします。

大塚 詠一朗

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58
[編集]
CGI-design