生きるを支える 口腔ケアセミナー2015.11.25
寒さに向かいます折、
おでんや鍋料理が美味しい季節になりましたね。
歯科衛生士の鈴木です。

たべることは生きること『その人がその人らしく』を支える口腔ケア・・のセミナーに参加してまいりました。
加齢による機能低下や病気の後遺症などから
食べる事が困難になった方に対して、口腔ケアで肺炎の予防をし、口腔機能訓練で食べる事ができるお口作りをする。
QOLの向上を目的に、それにより心身ともに生活の向上を図り、生きる活力につなげていくと言う主旨です。

実践的なセミナー内容になっていまして、口腔ケア、機能訓練は勿論、スプーンを口の中に入れて擬似的な麻痺状態をつくり、色々な物を食べてみました。
食べ物によって、こんなに食べやすさが違うんですね。
誤讌しない為にも食べる姿勢や、食べ物や飲み物をお口に入れる位置もとっても大切です。
どこまで、患者様の立場や気持ちに寄り添う事ができるかが大切な事だと思いました。
改めて食べる事の大切さを実感した一日でした。

病気などの理由から歯科への来院が困難になり
お困りの方がいらっしゃいましたら
是非ご相談下さい。
私達の方から訪問させて頂きます。

 ノロウィルス2015.11.24
こんにちわ。院長の丸山です。
最近は一雨ごとに寒さが増し、冬が近づいてきたのを感じます。今日はノロウィルスについて書きます。
国立感染症研究所によると2015〜2016シーズンは牡蠣などが感染源の新型ノロウィルスによる食中毒(感染性胃腸炎)が大流行する恐れが高いと警告を発しているようです。注意喚起を行う地方自治体もあり、警戒レベル未満ですが、すでに神奈川県や三重県などの県内の広範囲で確認されているようです。
新型のため今までできた抗体が意味をなさないため拡大の恐れがあるようです。感染予防対策をご紹介いたします。
@食品はしっかり加熱をする。加熱しないものはしっかり洗浄しましょう。
A手洗いをしっかり行う。帰宅後、食事前、トイレ後はしっかりと手洗いをして、指と指の間もしっかりと入念にしましょう。
B調理器具の除菌を行う。調理時に食品にウィルスが付着している恐れがあります。洗浄除菌をしっかり行いましょう。
この冬は気を付けて予防を怠らずに過ごしましょう。

 BTAセミナー2015.11.10
こんにちは。歯科医師の重光です。
8日の日曜日、BTAテクニックという新しい治療法のセミナーに行ってきました。
BTAテクニックとは、Biological Tissue Adaptationの略です。綺麗な被せ物をしても長年経つと歯肉が下がり、歯と歯肉の間が黒くなってしまったり、一本だけ前歯が内側に入り込んでいるという歯並びの方がいらっしゃると思います。そういう方を対象に歯肉ラインを整え、後戻りもせず、長期的に歯肉を健康に維持できる審美的治療になります。
まだ新しい治療法なので、行っている歯科医院も少ないと思います。私も治療法の一つとして、ドクター、技工士さん、衛生士さんなど様々な立場から勉強させて頂きました。

新しい治療法が増えると、患者さんにご提案出来る治療方法が増えるので、選択肢の幅がまた一つ広がると思っております。
患者様の為に、どれが一番良い治療か選択肢をたくさん持ち、一緒に相談しながら行っていきたいと思っていますので今後も何かあったらいつでも相談して頂ければと思います!


 松浦有志太郎先生、生誕150周年の会2015.10.16
先週末は京都にて
『生活習慣改善運動の先駆者、松浦有志太郎(うしたろう)先生の生誕150年の会』に参加してきました。

松浦先生は53歳の時に、西洋医学の限界を感じ、京都大学医学部教授から市民運動家へ転身した方で、その健康法を普及させるために全国行脚の旅をつづけたと言います。

先生が唱えた健康法は@廃娼A禁酒B禁煙C玄米食。
様々な病気を防ぐためには何よりも生活習慣改善による予防が重要だと訴えました。

生活習慣病が国民の死因の上位を占めると言われる現代の日本、その100年近く前からその重要性を説いた先生の功績は計り知れません。

これを機に私も、深く学んでみたい分野だと思いました。まず自らが実践できるように努力ですね。

 保育園児の歯科検診2015.10.9
院長の丸山です。
昨日は当クリニック近くの保育園に歯科検診に行ってまいりました。
園児のみんな、怖がりながらも一生懸命お口を開けて検診に協力してくれました。どうもありがとう。
これからも歯っはを一生懸命磨いて大事にして下さいねー。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58
[編集]
CGI-design