摂食回復支援食『アイート』2012.10.1
本日、昼休みを使い、業者さんを呼びスタッフの皆で、咀嚼機能が低下した方でも容易に咀嚼が出来、食塊を形成して摂食できるというイーエヌ大塚製薬の『アイート』の試食会を行いました。

数十種類のメニューの中からいくつかのパックに入ったおかずを持ってきていただきましたが、(鮭の塩焼き、すき焼き、カレー、ホタテのシチュー、炊き込みご飯)どれも見た目は本物そのまま、ある意味かたくて食べれないのではないかと心配になりましたが、食べてみてびっくり。どれも雪のようにしたの上でとろけていきます。
レンコンもごぼうもトロトロでした。
気になるお味も常食と全く同じく大変おいしかったです。今日のお昼ご飯はこれで大満足でした(笑)。

高齢や病気によって常食をあきらめていた方、ここに一筋の光が見えてきた気がします。

丸山デンタルクリニックから、治療のみならず患者さんの生活の質の向上に一役たてそうな製品のご紹介でした。詳しくは当クリニックまたはイーエヌ大塚製薬 http://www.ieat.jp/までお問い合わせください。

 午後から訪問診療に行って参ります2012.9.25
今日もこれから訪問歯科診療に行って参ります。
道が混むのが毎回不安であります。
どうか時間通りスムーズに患者様宅へたどり着けますように…(祈)

 来年より矯正日が変更になりました。2012.9.21
来年より矯正日が変更になりました。

詳しくは最新のお知らせをご参照ください。

 氷川神社のお祭り2012.9.8
西新井駅前に神輿がやってきました。

 保険診療と保険外(自費)診療について2012.9.3
こんにちわ。院長の丸山です。
本日は保険診療と保険外(自費)診療について書かせていただきたいと思います。

現在、日本は国民皆保険であり、私たちは何らかの医療保険に加入しなければならないことになっています。(アメリカはオバマ政権になってようやく事実上の国民皆保険がスタートいたしました。)

保険の適用を受けるには保険医療機関の保険医による治療に限られます。また、すべての病気に対して適用できるわけではなく、検査法や治療法、期間、薬剤、使用材料にいたるまで、こと細かく規制されており何かと制限が付きまとうため、保険診療は、最低限のことはできるようになっていますが、保険診療のみで患者さんのすべての希望をかなえることができないのが現状です。

このような医療保険を一切適用せず、治療費の全額を負担する場合が自費診療です。保険制度の細かい規制や枠組みに左右されることなく患者個々の要求にフレ キシブルに対応することができます。歯科医療技術はめざましい進化と発展を遂げてきました。現在も急速に進歩しています。しかし保険が適用できる治療法はその中のほんの一部に過ぎません。年々医療費が国の財政を 圧迫しているので、全ての技術を保険で賄おうとするのは国としては無理なことなので仕方ないのですが、同時に患者さんの要求全てを満たすことにも無理が生じてくるわけです。

私たち医療者は当然、保険診療だから手を抜く、自費診療だから一生懸命やるということはありません。治療したものが少しでも長く保てるよう最大限の努力をしています。しかし、保険診療では使える材料に制限があります。医科よりも歯科は、材料に左右される部分が大きいため材料の制限による影響は大きいと思われます。

当クリニックでは、保険診療、自費診療を含めて、現在の患者さんの状態では何がベストなのかを考え説明いたします。そのうえで患者さんの意見をお聞きしながら治療を進めていきたいと考えていますので、なんでもご相談ください。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58
[編集]
CGI-design