ガジュマル2011.7.15
こんにちは。
スタッフの入江です。

先日、友人に『ガジュマル』という観葉植物をいただきました。
とっても愛嬌のある名前で、見た目も何だか可愛いです。

『幸せをもたらす木』とか『妖精の棲む木』とも言われているようです。
今の時期、すくすく育っています。

そういえば!
当院入口の鉢に蒔いてある種からも芽が出て日々育っています!
今後の成長が楽しみです。

植物って癒されますよね♪

 障害者歯科診療のお手伝いに行ってまいりました。2011.7.11
院長の丸山です。

先週末は足立区歯科医師会館内にある口腔保険センターで週に二回行われている障害者歯科診療のお手伝いに行ってまいりました。

指導医の先生の高度な知識と技術、そして粘り強い診療に対する姿勢、観察力と判断力にはいつも感心させられるばかりです。

現在の歯科医療におけるニーズは多岐にわたり、一人ですべてをまかなうのではなく、そのそれぞれにスペシャリストが最大限の力を発揮するべきだと常々思っております。

私も専門の歯の根の治療において、より高みを目指していきたいと強く感じさせられた一日でした。

 よろしくおねがいします。2011.7.9
こんにちわ。
このたび7月より丸山デンタルクリニックで働くことになりました、歯科衛生士の滝本です。

最近はやっと新しい環境にも慣れてきました。
見たことのない道具や治療方法も見ることができて毎日が新鮮です。
スタッフの皆さんも優しく、わからないことを教えてくれるので、安心して仕事ができます。

これから頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 歯の再生2011.7.1
こんにちは、副院長の東風です。
最近患者さんに、失った歯の補綴方法についてお話しすると、歯の再生は実現するんでしょうか?との質問をよく伺います。
私も大学院に在籍していた時、再生医療の研究に携わっていたことことがあるのでお答えしたいとおもいます。
現在、最新の研究としてはマウスの歯の細胞を取り出して体外での歯の再生に成功しました。
これを聞くと、虫歯や歯周病で失った歯を再生させて取り戻すのは可能なのじゃないか?と思われるかもしれません。
しかし、まだまだ様々な問題が残されています。
マウスの歯は数カ月で成長するのに対し、人間の永久歯は10年近い年月をかけて完成します。
そのため歯を失ったので新しい歯を再生させようとしても、機能させるまでは数年単位の長い時間を要してしまいます。
また一言に歯と言っても人間の歯は32本あり、それぞれが異なった形をしているため、失った歯と同じ歯を再生させるには、より高度な技術を必要とします。
これらのことから、歯の再生が臨床応用されるのは10年以上先のこととなるでしょう。
歯の再生が不可能な現在、歯を失わないために虫歯や歯周病の予防が大切だと思います。

写真は、再生させた歯に蛍光を発色するタンパク質を産生する遺伝子を組み込んだため、歯が緑色に写っています。

 June Bride2011.6.20
院長の丸山です。
6月って結婚式がとても多いですよね。
なぜJune Brideって言われるんでしょう?

かく言う私も、先週末は2カップルの結婚式に行ってまいりました。
一組は20代のさわやかカップル、もう一組は酸いも甘いも噛み分けてきた40代の大人なカップルでした。

四人ともぜひ幸せになってくださいね。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58
[編集]
CGI-design